メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちらもオススメ

がんばろう日本!スーパーオーケストラ 2020年3月2日、サントリーホールで 震災遺児を応援するため全国各地で活躍する演奏家有志が再び結集!

がんばろう日本!スーパーオーケストラのフィナーレで「ふるさと」を合唱する演奏者ら=東京都港区のサントリーホールで2019年3月1日、小川昌宏撮影

[PR]

 東日本大震災の直後から毎年開催しているチャリティー公演「がんばろう日本!スーパーオーケストラ」を2020年3月2日に開催します。

     11年5月にスタートして、今回で10回目を迎えます。全国各地の交響楽団などで活躍する演奏家有志が集まって一夜限りの楽団を結成し、力を込めた演奏で、震災で保護者を亡くした子どもたちを応援します。

     今回、夢の楽団と競演するのは、ピアニストの實川風さん、ヴァイオリニストの辻彩奈さん。期待の若手実力派です。震災当時、被災地の仙台にいた指揮者の 山下一史さんが指揮を執り、ブルッフやラヴェル、ムソルグスキーの名曲を披露します。被災地への熱い思いを奏でる調べに、どうぞご期待ください。

     会場では、震災遺児の学業継続や、高校・大学への進学を支援する「毎日希望奨学金」の募金活動を行います。

    公演内容

    【「がんばろう日本!スーパーオーケストラ」毎日希望奨学金チャリティーコンサート】<日時>

    2020年3月2日(月)午後7時開演(同6時半開場)

    <会場>

    サントリーホール(東京都港区赤坂1の13の1、地下鉄・六本木一丁目、溜池山王下車)

    <出演>

    指揮:山下一史

    ピアノ:實川風

    ヴァイオリン:辻彩奈

    管弦楽:がんばろう日本!スーパーオーケストラ

    コンサートマスター:小森谷巧(読売日本交響楽団コンサートマスター)

    司会:小森谷徹

    <曲目>

    ブルッフ:スコットランド幻想曲

    ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲

    ムソルグスキー:展覧会の絵

    ※曲目は変更になる場合があります。

    <チケット>

    10月4日より各プレイガイドで先行発売、10月12日より一般発売です。

    全席指定4800円(税込み。未就学児入場不可)

    イープラス(http://eplus.jp/gambaro/

    サントリーホールチケットセンター(電話0570・55・0017)

    ローソンチケット(電話0570・000・407、Lコード35211)

    チケットぴあ(電話0570・02・9999、Pコード347-259)

    <問い合わせ>

    毎日新聞社事業本部(電話03・3212・0804、平日10~18時)

    テンポプリモ(電話03・3524・1221、平日10~18時)

    主催:毎日新聞社

    協力:特定非営利活動法人クウォーター・グッド・オフィス

    指揮・山下一史 (C)ai ueda

    プロフィル 指揮:山下 一史

     桐朋学園大学を卒業後、ベルリン芸術大学に留学、ニコライ・マルコ国際指揮者コンクールで優勝。カラヤンが亡くなるまで彼のアシスタントを務める。その後、ヘルシンボリ響首席客演指揮者を務めた。日本国内ではN響を指揮してデビュー。これまでにアンサンブル金沢プリンシパル・ゲスト・コンダクター、九響常任指揮者、大阪音大ザ・カレッジ・オペラハウス管常任指揮者ならびに名誉指揮者、仙台フィル指揮者ならびに正指揮者を歴任。シューマン作曲歌劇「ゲノフェーファ」日本舞台初演など、オペラ、オーケストラの両面においてますます注目を浴びている。現在、千葉交響楽団音楽監督として、「おらがまちのオーケストラ」をキャッチフレーズに定期から音楽教室まで幅広く活動をしている。東京芸術大学音楽学部指揮科教授。

    オフィシャル・ホームページ http://www.hirasaoffice06.com/artists/view/64

    ピアノ・實川風(C)Yosuke Sato

    ピアノ:實川 風

     ロン・ティボー・クレスパン国際コンクール第3位・最優秀リサイタル賞・最優秀新曲演奏賞、サザンハイランド国際ピアノコンクール第2位、 カラーリョ国際ピアノコンクール第1位・聴衆賞、日本ショパンコンクール第1位など、国内外でのコンクールでの受賞を経て、現在若手を代表する実力派ピアニストとして各地で演奏活動を広げている。

     ソリストとしてベートーヴェンを核としたレパートリーに取り組む一方、邦人現代作品の新作初演や作曲家より信頼を寄せられている。

     上海音楽祭、ソウル国際音楽祭、ノアン・ショパンナイト、アルソノーレなどに出演。 東京芸術大学付属高校・東京芸術大学を首席で卒業し、同大学大学院(修士課程)修了。グラーツ国立音楽大学ポストグラデュエート課程を修了。

    ツイッター https://twitter.com/sleeping_now_28

    ヴァイオリン・辻彩奈 (C)Warner Classics

    ヴァイオリン:辻 彩奈

     2016年モントリオール国際音楽コンクール第1位。モントリオール響、スイス・ロマンド管、N響、東京都響、東京フィル、新日本フィル、名古屋フィル、大阪フィル、京響などと共演。室内楽においては、チェロの堤剛、ピアノの江口玲、伊藤恵、エマニュエル・シュトロッセの各氏らとの共演を行っている。第28回出光音楽賞を受賞。これまでに小林健次、矢口十詩子、中澤きみ子、小栗まち絵、原田幸一郎の各氏に師事。使用楽器は、NPO法人イエローエンジェルより貸与されているJoannes Baptista Guadagnini 1748。

     19年4月、ジョナサン・ノット指揮/スイス・ロマンド管弦楽団とジュネーブおよび日本にてツアーを実施し、その艶やかな音色と表現により各方面より高い評価を得た。現在、東京音楽大学の特別特待奨学生として在学中。

    オフィシャル・ホームページ https://www.ayanatsuji.com/

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

    2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

    3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

    4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

    5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです