メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

FIBOが2020年から東南アジアでも開催(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

FIBOが2020年から東南アジアでも開催

AsiaNet 80653 (1794)

【シンガポール2019年9月25日PR Newswire=共同通信JBN】来年、初のFIBO Southeast Asia(FIBO SEA)が開催される。2020年9月24-26日に、FIBO SEAにはブランド、メーカー、ディストリビューター、ライセンサー、仲介者、バイヤー、トレーナーが東南アジアと国際的なフィットネス産業から集合する。このイベントは国際金融センターで、世界で最も多くの訪問者を迎える都市であるメガシティーのシンガポールで開催される。

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190920/2587143-1LOGO
(画像説明:FIBO SouthEast-Asiaのロゴ)

ドイツでFIBOを主催するReed Exhibitions Deutschland GmbHのハンスヨアヒム・エルベル最高経営責任者(CEO)は「グローバルブランドとして、われわれは世界中の最もダイナミックで重要なフィットネス市場へのアクセスを提供する」とし、さらに「東南アジアはわれわれの産業で最も速く成長している地域の1つで、出展者にとって巨大な潜在的可能性がある。そうしたことから、われわれはインドネシア、マレーシア、ベトナム、タイなどの重要市場を大都市であるシンガポールに集める」と付言した。フィットネス・サービスへのニーズは、とりわけ増大する中産階級、旅行、高まる健康意識を理由に増加している。

FIBO SEAはReed Exhibitions SingaporeがケルンのFIBOを主催するReed Exhibitions Deutschlandと協力して開催され、フィットネスとウエルネス分野での国際的ネットワークとノウハウを活用する。

▽東南アジアに狙いを定める
東南アジア地域は2018年から2022年の間、平均で毎年5.2%成長し、2030年には米国、中国、欧州連合(EU)に次ぐ世界で4番目に巨大な単一市場になると予想されている(注1)。アーンスト・アンド・ヤング(EY)によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)は6億5900万以上の人口、若い労働力、物惜しみしない消費者層を持つ「地理的なスイートスポット」である。より成熟したアジア諸国と異なり、東南アジアの労働人口は扶養家族を上回り、経済的拡大、物惜しみしない消費者、投資支出、富の蓄積を促進している(注2)。世界で最も高効率の経済(注3)とされるこの地域のフィットネス市場は総額15億米ドルの売上高を生みだしている。シンガポールではメンバーシップの市場浸透率が2014年から2018年で5.8%に増加し、2018年から2023年の間には年率6.4%になると予想されている(注4)。同地域の他の市場は、タイ(メンバーシップ市場浸透率は0.5%)、インドネシア(0.18%)、フィリピン(0.53%)、マレーシア(1.04%)、ベトナム(0.50%)である(注5)。

Reed Exhibitions Singapore, Indonesia, Malaysiaのマネジングディレクター、ミシェル・リム氏は「FIBO Southeast Asiaは、この地域で成長するフィットネスとウエルネスのコミュニティーに従事する国際ブランドに向けた戦略的なビジネスプラットフォームとして位置付けられている。環境に配慮してサスティナブルな都市、戦略的な位置、東南アジアの高度成長市場への簡便なアクセスといったシンガポールの国際的アピールにより、このトレードフェア・会議は、業界の毎年の会合で見逃せない場所になるだろう」と述べた。

▽FIBO DNAについて
ケルンのFIBOと同様に、FIBO SEAも情熱を持って融合した一体的ビジネスとしてフィットネス産業に対応する。このトレードショーはB2B分野に重点を置き、公的機関、軍事やホテルといったさまざまな分野のディーラー、クラブ事業者、施設管理者とバイヤーを対象にしている。FIBO SEAが特に対象とするのは、多様なパートナーイベントやトレーニングセッションに参加するフィットネストレーナーと消費者である。

▽ユニークな会場
FIBO SEAは世界的に有名なマリーナベイ・サンズで開催される。ビジネスミーティング、レジャー、エンターテインメント向けの、この印象的な建築様式の統合型リゾートはシンガポールのスカイラインを一変した。この敷地はラグジュアリーホテル、最先端の会議と展示会施設、非常に多くのエンターテインメントの選択肢、一流のショッピングとワールドクラスのレストランで構成され、そのすべては目を見張るようなサンズスカイパークの下で輝いている。

▽FIBOについて
FIBOはフィットネス、ウエルネス、健康のための世界最大の国際トレードフェアで、イノベーション、投資、トレンドのための場所である。ケルンのFIBOでは約1100社が、約140カ国から参加する14万5000人の商業とプライベートのビジターと出会う。FIBOは国際ビジネスとネットワーキングを提供するだけでなく、素晴らしい実際の体験を通してフィットネス愛好者の心もとらえる。2020年、本トレードショーは4月2-5日に開催される。中国、メキシコ、アフリカ、米国における他のFIBOショーとともに、FIBOは世界中の最もダイナミックで重要なフィットネス市場へのアクセスを提供する。

www.fibosea.com

(注1)https://www.enterprisesg.gov.sg/overseas-markets/asia-pacific/asean/overview
(注2)https://www.ey.com/sg/en/industries/financial-services/ey-in-a-slowing-global
-economy-how-can-aseans-financial-institutions-drive-growth
(注3)https://www.channelnewsasia.com/news/asia/asean-countries-among-world-s-outpe
rforming-emerging-economies-10718216
(注4)https://www.sgsme.sg/news/fitness-industry-shapes-gyms-and-fitness-studios-ar
e-having-good-run
(注5)IHRSA Asia-Pacific Health Club Management

ソース:Reed Exhibitions Singapore


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  2. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  3. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  4. 板橋区議に「なめてると海に沈められるよ」 恐喝未遂容疑で32歳女を逮捕

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです