メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊昇龍が新十両昇進「すごく気持ちいい」 元横綱・朝青龍のおい(スポニチ)

[PR]

九州場所番付編成会議

 日本相撲協会は25日、大相撲九州場所(11月10日初日、福岡国際センター)の番付編成会議を開き、モンゴル出身で元横綱・朝青龍のおいの豊昇龍(20=立浪部屋)と琴手計改め琴勝峰(20=佐渡ケ嶽部屋)の新十両昇進を決めた。若元春(25=荒汐部屋)、天空海(28=立浪部屋)、明瀬山(34=木瀬部屋)が再十両となった。

     豊昇龍は朝青龍より1場所遅い所要11場所で新十両昇進。茨城県つくばみらい市の立浪部屋で「うれしいし、すごく気持ちいい」と目を細めた。名古屋場所で勝ち越せば叔父と同じスピード出世だったが、3勝してから連敗で初の負け越し。「負け越して勉強になった。自分の相撲が取れるようになった」と秋場所は左足親指を負傷しながら勝ち越した。

     10月にはモンゴルに里帰りする。朝青龍と同じ横綱を目指す20歳は「叔父さんに着物をつくってもらいたい」とお祝いを期待していた。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

    2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

    3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

    4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

    5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです