メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大谷、二刀流完全復活に自信「もう一度勝ち取りたい」(スポニチ)

[PR]

 左膝膝蓋骨(しつがいこつ)の手術を受けたエンゼルスの大谷翔平投手(25)が24日(日本時間25日)、会見を開き、手術後の経過報告と打者に専念したメジャー2年目を総括した。後半戦は不振を経験したが、痛みを抱えながらプレーしていたことを吐露。回復は順調で、20年の開幕となる3月26日(日本時間27日)の敵地アストロズ戦からの二刀流完全復活に自信を示した。

     大谷は会見場に入る前に松葉づえを水原一平通訳に預けると、ギプスを装着した左足を引きずりながら報道陣の前に姿を現した。立ったまま約25分間。来年の開幕に二刀流で復活することを宣言した。

     「僕自身は出られると思っている。そこ(投打)のポジションも確約されているわけではない。毎年、毎年勝負だなと思っているので、そこをもう一度勝ち取りたい」

     右肘手術の影響で打者に専念し今季は106試合で打率・286、18本塁打、62打点。5月に復帰し、6月に日本選手初のサイクル安打を記録。後半戦は不振を経験も、左膝の痛みを抱えながら戦った。走塁はもちろん、打撃でも軸足の大事な左足で「加重のしにくさだったり、蹴りのしにくさ」と表現した。

     プレーオフ進出の可能性がなくなり「僕がGMでもそういう判断」と手術を決断。分裂した骨片を除去し、現在は電気治療や患部を伸展させるトレーニングが中心で、ギプスは就寝時も装着する。今後は投手のリハビリに集中し、キャッチボールは近日中に再開予定。11月下旬をメドにマウンドからの投球を目指し、打撃練習は12月に開始する見込みだ。

     「来年に間に合うか間に合わないかという感じではない。早めに良い状態にもっていって、来年にしっかり合わせたい」。強い決意を胸に背番号17が再びスタートを切った。(スポニチ 柳原直之)

     ≪大谷に聞く≫

     ————昨年にイチロー氏が「投手と打者、それぞれ年間通して見たい」と話したが。  「可能性はないと思う。絞ると思ってやるんだったら、その先そうやってやっていく覚悟を持ってやる。球団から投手でいってほしいと言われれば、僕も考えることはあるけど今の時点ではない」  ————来年の東京五輪への参加意欲。  「分からない。僕の気持ちだけではどうにもならないところがあるので」

     ————打撃不振でつらかったこと。  「7月中盤から後半にかけてオールスターブレーク明けが一番、チームにとって大事な時期だった。そこで打てないことに対して悔しいと思った」

     ————右肘、左膝の打撃への影響はあったか。  「そこも含め、今年こういう結果だったっていうことも含め、悔しさを来年しっかりぶつけたい」

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

    2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

    3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

    4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

    5. 漫画喫茶刺殺 検察「紙めくる音にいらだち殺害」 被告側は責任能力の有無争う 名地裁初公判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです