メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい 俳優・仲代達矢さん・86歳 「戦争スイッチ」押させなかった憲法

俳優・仲代達矢さん=東京都世田谷区の無名塾で、宮間俊樹撮影

 東京・世田谷の静かな住宅街の一角、重厚なレンガ造りの建物に足を踏み入れると、若い俳優たちが交わすせりふが耳に飛び込んでくる。仲代達矢さん(86)が主宰する「無名塾」の稽古(けいこ)場「仲代劇堂」では、来年3月の公演に向けた立ち稽古が始まっていた。

 稽古場から壁一つ隔てた一室で、仲代さんが語り始める。「単なる一役者の、残り少ない人生ですけれども、戦争と平和という問題を作品の中に込めて生きてみたい。戦争を体験した最後の世代として、そう思っております」。日本映画の黄金期を体現し、なお一線の舞台に立ち続ける名優の声が重く響いた。

 仲代さんが生まれる前年の1931年は、満州事変勃発の年。そして翌年の5・15事件、上海事変と、日本…

この記事は有料記事です。

残り3062文字(全文3376文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 羽生、巻き返しへの一手は? フィギュアGPファイナル 今季後半へ手応えも

  4. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです