メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JCO臨界事故から20年 風評被害、負けない 特産の干し芋、海外へ活路

サツマイモ畑を見つめる照沼勝浩さん=茨城県東海村で2019年7月30日午後3時53分、荒木涼子撮影

 日本の原子力産業で初めて被ばくによる死者を出した「ジェー・シー・オー(JCO)」東海事業所(茨城県東海村)の臨界事故から、9月30日で20年になる。村名産の干し芋を作る照沼勝浩さん(57)は、2011年に起きた東京電力福島第1原発事故の風評被害をも乗り越えようと、海外での販売に活路を見いだそうとしている。【荒木涼子】

 東海村は、太平洋に面する海側に多くの原子力施設が並ぶ一方、市街地から少し外れると赤茶けた畑が広がる。水はけが良く、海に近いためミネラルが多い。サツマイモの生産量、栽培面積が全国2位の茨城県で、村は有数な産地の一つだ。

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文1614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです