メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ってろ東京

サッカーDF 藤谷壮(21) けがと格闘、諦めず前へ

 J1ヴィッセル神戸でジュニア(小学生)から育った選手として、2016年に初めてトップ昇格を果たした。プロ入りから4年目。東京五輪を翌年に控えた今季、DF藤谷壮(21)は大きな試練と闘っている。

 抜群のスピードで相手を置き去りにし、右サイドから攻撃のチャンスを演出する。大阪ガス陸上部で三段跳びの選手だった父智之さん、短距離選手だった母美保子さんのもと、幼少期からかけっこでは1番。天性の才能が最大の武器だ。

 2種登録だった高校3年時の15年にクラブ史上最年少の17歳5カ月15日でJ1デビューし、早くから将…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです