連載

ミックスゾーン

記者が競技後の選手に取材する「ミックスゾーン」から選手や監督の肉声を伝えます。

連載一覧

ミックスゾーン

プロ野球 オリックス×帝塚山学院大 学生メニュー、飛躍の糧に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
帝塚山学院大の学生が考案した食事を味わう宜保翔(手前左)と西浦颯大=大阪市此花区の「青濤館」で、球団提供
帝塚山学院大の学生が考案した食事を味わう宜保翔(手前左)と西浦颯大=大阪市此花区の「青濤館」で、球団提供

 同年代からのアシストを飛躍の糧とする。プロ野球・オリックスの若手選手の食事メニューを、管理栄養士を目指す帝塚山学院大食物栄養学科の学生が考案し、若手選手寮「青濤館(せいとうかん)」=大阪市此花区=で提供した。プロスポーツの現場で経験を積みたい学校側と、ファン層を広げたい球団側の思惑が一致したイベントだ。

 学生32人が、榊原翼(21)ら担当の4選手ごとにグループに分かれて「体力向上」「体脂肪減少」などの課題を聴取。好みの料理や味付けも踏まえてレシピを考え、高卒ルーキー・宜保翔(18)に考案した「ピリ辛豚キムチ焼きそば」が提供メニューに選ばれた。採用から漏れた「野菜たっぷり八宝菜(太田椋)」や「手羽元ポトフ(榊原)」などのメニューも28、29日のソフトバンク戦で、本拠地・京セラドーム大阪の2階外野レ…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文607文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集