メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

博多港、引き揚げの記憶 能古島に私設博物館

能古博物館の開館30周年記念誌「博多湾物語」を手にする副館長の西牟田耕治さん=福岡市西区で、飯田憲撮影

 太平洋戦争後、福岡市の博多港は約139万人が大陸から帰国した引き揚げ港だった。戦争がもたらした過酷な記憶を、当時引き揚げ船が行き交った博多湾に浮かぶ小さな島の私設博物館が語り継いでいる。開館30周年の今年、博物館は記念誌「博多湾物語」を発刊し「商業や観光の面ばかりでなく、博多港の負の側面にも関心を持ってほしい」としている。【飯田憲】

 博多湾物語を発刊したのは、能古島(同市西区)にある能古博物館。元々は福岡藩の儒学者、亀井南冥(1743~1814年)の功績を紹介しようと、郷土史家らが1989年に設立した博物館だ。だが、来館者が伸び悩み、開館20周年(2009年)に合わせて展示内容を改めることになった。

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです