メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

博多港、引き揚げの記憶 能古島に私設博物館

能古博物館の開館30周年記念誌「博多湾物語」を手にする副館長の西牟田耕治さん=福岡市西区で、飯田憲撮影

 太平洋戦争後、福岡市の博多港は約139万人が大陸から帰国した引き揚げ港だった。戦争がもたらした過酷な記憶を、当時引き揚げ船が行き交った博多湾に浮かぶ小さな島の私設博物館が語り継いでいる。開館30周年の今年、博物館は記念誌「博多湾物語」を発刊し「商業や観光の面ばかりでなく、博多港の負の側面にも関心を持ってほしい」としている。【飯田憲】

 博多湾物語を発刊したのは、能古島(同市西区)にある能古博物館。元々は福岡藩の儒学者、亀井南冥(17…

この記事は有料記事です。

残り1383文字(全文1601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです