メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本とポーランド国交100年記念し舞台 異文化の共存願う アイヌの現在・過去・未来表現 札幌であす上演 /北海道

演に向け、練習に励むアマレヤのメンバーとアイヌ女性会議のメンバー=札幌市で

 日本とポーランドの国交樹立100年を記念した舞台「(残)響、ポーランドと日本に架ける橋」が28日、札幌市で上演される。アイヌ民族の女性と結婚したポーランドの文化人類学者、ブロニスワフ・ピウスツキ(1866~1918年)の実話を基に、アイヌの団体とポーランドの劇団がそれぞれの伝統音楽を現代風にアレンジし、アイヌの現在・過去・未来を表現する。【高橋由衣】

 舞台は、ポーランドの劇団「アマレヤ」のメンバーがアイヌの団体「アイヌ女性会議メノコモシモシ」と交流し、共同制作した。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 東証、一時1000円超安 新型コロナ感染拡大懸念で

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです