メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本とポーランド国交100年記念し舞台 異文化の共存願う アイヌの現在・過去・未来表現 札幌であす上演 /北海道

演に向け、練習に励むアマレヤのメンバーとアイヌ女性会議のメンバー=札幌市で

 日本とポーランドの国交樹立100年を記念した舞台「(残)響、ポーランドと日本に架ける橋」が28日、札幌市で上演される。アイヌ民族の女性と結婚したポーランドの文化人類学者、ブロニスワフ・ピウスツキ(1866~1918年)の実話を基に、アイヌの団体とポーランドの劇団がそれぞれの伝統音楽を現代風にアレンジし、アイヌの現在・過去・未来を表現する。【高橋由衣】

 舞台は、ポーランドの劇団「アマレヤ」のメンバーがアイヌの団体「アイヌ女性会議メノコモシモシ」と交流し、共同制作した。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです