メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農and食 岩見沢市立北村小学校 郷土愛育む稲作体験 /北海道

9月中旬、北村小専用の水田で稲刈りに励む5年生

 岩見沢市立北村小学校(竹島寛志校長)では、「米MYスタディー」という稲作体験学習を行っている。地域の基幹産業である米栽培の理解を深め、児童たちの郷土愛を育むのが狙い。PTAをはじめとする地域住民や、市、空知総合振興局、北海道開発局、北海土地改良区など、さまざまな協力も得て2002年から続けている。

 児童が育てた米の収穫量は例年、約300キロにもなる。

 実習先は校舎に隣接する約6アールの水田「田でんガーデン」。地域の主要な品種「ななつぼし」ともち米の…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです