渡り鳥ツルシギ、17年ぶり飛来 行徳鳥獣保護区 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
今月17日に市川市の行徳鳥獣保護区で確認されたツルシギ=行徳野鳥観察舎友の会提供
今月17日に市川市の行徳鳥獣保護区で確認されたツルシギ=行徳野鳥観察舎友の会提供

 日本で絶滅の恐れがあるとして環境省が絶滅危惧種(Ⅱ類)に指定している渡り鳥「ツルシギ」が今月中旬に市川市新浜の行徳鳥獣保護区に飛来しているのが確認された。保護区の管理を県から委託されているNPO法人「行徳野鳥観察舎友の会」によると、保護区では17年ぶりという。

 今月14、15、17日の3日間、友の会…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文354文字)

あわせて読みたい

注目の特集