メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 大田区立龍子記念館(東京都) 大胆で力強い大画面 /東京

 大正時代は自然豊かな別荘地だった所に、日本画の巨匠、川端龍子(かわばたりゅうし)(1885~1966年)が35歳から暮らした自宅の跡が残る。向かいに建つのが美術館。晩年の龍子が建てた「自分の分身としての作品の場所」だ。

 ピロティ構造の建物に入ると「会場芸術」を唱えた龍子のこだわりが分かる。明るすぎない展示室は、上から見ると「龍」の形。入って右手にある大画面の展示スペースには、ガラスがない。日本画の色彩の豊かさを直接感じられる工夫だ。左手には友人、鶴田吾郎による実物大の龍子像がある。龍子は大きな作品を残したが、意外にも身長160センチ弱と比較的小柄だった。

 「作品をよりよい形で楽しんでほしい」。展示室を歩くと、亡き龍子の声が聞こえてくるようだ。木村拓也主…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです