メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜市議会、閉会 公教育検討会議設置 早川教育長は再任 /岐阜

 岐阜市議会は26日、本会議を開き、一般会計補正予算を含む42議案などを可決し閉会した。柴橋正直市長が発案した公教育検討会議の設置や早川三根夫教育長(65)の再任が決まった。

 公教育検討会議は市長の諮問機関。市立中でいじめを受けていた3年生男子が7月に転落死したのを受け、柴橋市長が新設の方針を示した。医療や心理の専門家ら約10人を委員に委嘱する。関連予算は約143万円。

 市によると、10月に発足し、9回の会議を開き来年6月に市長に答申する。これを受け市長は7、8月の総…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです