メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「東海道は57次」 あす三島で交流会 歴史館長が講演 /静岡

東海道57次交流会について説明する志田威館長。手前は会場で展示する「東海道五拾三次絵巻」=静岡県三島市役所で

 東海道や宿場の歴史的役割を正しく伝え、東海道の魅力を発信しようと、東海道町民生活歴史館(静岡市清水区蒲原)が、28日に三島市一番町の三島市民文化会館で「東海道57次交流会」を開く。東海道は終点が京都までの53次と一般的に認知されているが、交流会では終点が大坂(現大阪)で57次だったとする説が披露される。

 蒲原、名古屋での開催に続き今回で3回目。歴史館の志田威(たけし)館長によると、東海道は当初は京都ま…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです