メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢湾台風から60年 被災者9人、児童に体験談 142人が犠牲 名古屋・白水小で /愛知

小学4年生に伊勢湾台風の被災体験を語る小出元博さん(手前左)=名古屋市南区松下町2の市立白水小で

 伊勢湾台風の上陸から60年となった26日、児童142人が犠牲になった名古屋市南区の市立白水小で、被災者9人が当時の体験を語った。4年生の児童が真剣に耳を傾けた。

 「小さい子供が『助けて』と叫びながら流されていった。それが今も耳に残っていてね」。当時小学3年だった小出元博さん(69)は、被災直後のまちの写真を見せながら語った。

 家の中に黒い水が押し寄せ、あっという間に自宅の1階部分を飲み込んだ。2階から、人が流されていくのを…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです