メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「パリに見出されたピアニスト」 奏でる音色に心奪われ /愛知

映画の一場面。主人公マチューを演じたジュール・ベンシェトリ ⒸRécifilms - TF1 Droits Audiovisuels - Everest Films - France 2 Cinema - Nexus Factory - Umedia 2018

 音楽の持つ圧倒的な力を、映画で見せつけられた。主人公マチューが奏でるピアノの音色に、何度も心奪われ夢中になった。こんなふうに弾けたらなあ。天賦の才だけでなく、あふれ出る“思い”が彼のピアノを彩っている。「パリに見出(みいだ)されたピアニスト」は、物語だけでなくクラシックの名曲の数々にも魅了される、感動のサクセスストーリーだ。

 パリの北駅に「ご自由に演奏を!」と看板が掲げられたピアノが置いてある。近くを通りかかった名門音楽学…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

  5. ORICON NEWS これ、許諾大丈夫? 宮川大助師匠が出演する異色のコラボ動画が話題、キレキレのパロディダンスも披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです