メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桑名の洪水避難 「市内完結」に課題山積 岐阜県民も受け入れ、具体策これから /三重

 伊勢湾台風級の大規模な風雨災害が発生した場合、桑名市(約14万人)は人口の約半分が洪水ハザードマップの浸水想定域に入り、避難対象となる。加えて隣接する岐阜県海津市からも一部住民を受け入れる予定で、桑名市の防災担当者は「避難計画を具体化するには詰めないといけない課題が山ほどある」と頭を悩ませている。

 県北部の避難体制は、木曽三川下流域にある桑名市と木曽岬町、内陸部のいなべ市、東員町の2市2町が広域的な視点で検討を進めている。全域が浸水する恐れのある木曽岬町は全町民(約6300人)をいなべ市と東員町へ避難させる計画。これに対し、桑名市は今のところ、市内で避難を完結させる方針だ。

 しかし、完結に向けたハードルは高い。洪水マップの浸水想定域は木曽、長良川に囲まれた輪中地帯の長島地…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです