メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代版「あめちまき」 高校生考案、復活の菓子 地元商店主ら依頼 三輪土産、きょう本格デビュー 桜井 /奈良

現代版「あめちまき」のレシピを考案した磯城野高3年の南本祐花さん(左)と板原瑞月さん=奈良県桜井市の大神神社で、広瀬晃子撮影

 桜井市三輪地区で500年ほど前に食べられていたとされる菓子「あめちまき」を高校生らが現代風にアレンジし復活させた。味や形が不明だったため、地元商店主らがレシピの考案を依頼。27日から新しい「三輪土産」として本格デビューする。【広瀬晃子】

 復活した現代版あめちまきは、酒粕やそうめんなどの地元の名産を使った焼き菓子。三輪独自の土産を作ろうと、地元の表具店や酒造店、製麺所の店主らがチームを作り、一昨年から開発に取り組んだ。

 同チームが調べた文献によると、あめちまきは当時、三輪周辺で食べられていた名物とされ、中世の短歌の遊び「職人歌合(うたあわせ)」の歌や絵などにも登場する。しかし江戸時代以降の情報は途絶えており、味や形も分からなかったため、オリジナルの現代版を作ることにした。若い発想で作ってもらおうと、昨年3月にフードデザイン科がある県立磯城野高校(田原本町)に製作を依頼した。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです