冬の鳥、一足早く飛来 宍道湖にマガン /島根

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宍道湖西岸に飛来したマガン=出雲市島村町で、ホシザキグリーン財団提供
宍道湖西岸に飛来したマガン=出雲市島村町で、ホシザキグリーン財団提供

 冬の風物詩として知られ、国の天然記念物に指定されている渡り鳥マガン(カモ科)が、今年も宍道湖西岸に飛来し始めた。

 野鳥観察などを行っている宍道湖グリーンパーク(出雲市園町)によると25日午後3時50分ごろ、出雲市島村町の斐伊川右岸の田んぼで休んでいる成鳥1羽を地元住民が発見した。10月2日に初飛来…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文274文字)

あわせて読みたい

注目の特集