メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新生スサノオ

バスケットボール 新体制で10年目の挑戦 7人新加入、待望の地元選手も 鈴木監督「14位以内目標」 /島根

今季の抱負を語る鈴木裕紀監督(中央)ら=松江市朝日町で、前田葵撮影

 プロバスケットボールBリーグの1部(B1)に復帰した島根スサノオマジックの10年目の挑戦が10月から始まる。球団は26日、出雲大社で必勝祈願したのち、松江市内で記者会見した。今季の目標はB2から昇格したチームがまだ達成できておらず降格リスクのない「18チーム中14位以内」に設定。鈴木裕紀監督は「B1はレベルの高いリーグ。ディフェンスに焦点を当て失点を抑えることが勝つ必須条件になる」と話す。

 今年のチーム編成で、新加入の日本人選手は4人。昨季B1の福岡から移籍したベテランポイントガード(P…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. セブンペイ詐欺、指示役の中国人女逮捕 「微信でIDとパスワード送られてきた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです