メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公的病院再編 県内対象は13 県「適した体制目指す」 /広島

広島県内の「再編・統合の議論の必要がある」とされた病院

 厚生労働省が26日に発表した「再編・統合の議論が必要な公立・公的病院」で、県内では13病院(=表)が挙げられた。人口減少により将来県内で必要になる病床数は、大幅に減少することが見込まれているが、県内の医療機関の再編はなかなか進んでいないのが現状だ。県は「指摘も踏まえながら、地域に適した医療提供体制の構築を目指す」としている。【池田一生】

 対象として挙げられたのは、呉市や三原市など10市区町に所在し、自治体や独立行政法人などが設置してい…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文963文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです