メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学生と企業つなぐカフェ、オープン半年 イベント通じ互いの魅力PR 高知 /高知

交流イベントで企業側に自身の活動や夢を語る高知大生(左奥)=高知市で、郡悠介撮影

 高知の学生に県内企業を知ってほしい――。県内の学生と企業のマッチング支援をするカフェ「One step」(高知市朝倉横町)が10月1日、オープンから半年を迎える。学生と企業が相互理解を深める施設環境が整備され、両者の交流イベントも開催。運営する高知市の事務機器販売会社「オフィスパートナー」(田村勝介社長)は「県内企業と触れ合い、進路選択の可能性を増やしてほしい」と期待する。【郡悠介】

 高知労働局によると、2018年度に県内企業から内定を受けた県内大学新卒者は329人で、県外企業の内…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです