メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

貿易交渉 防戦重ねた日本 米、車関税で脅し

日米貿易協定締結で最終合意し、共同声明に署名した安倍晋三首相(左)とトランプ米大統領=米ニューヨークで2019年9月25日、ロイター

 日米貿易協定は今年4月の交渉開始から約5カ月という異例の早さで決着した。日本は米国の農産品に対する関税を環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の水準に引き下げる一方、米国向けの自動車や部品に課される関税の撤廃は先送りされた。来年の米大統領選に向けて成果をアピールしたいトランプ政権に、日本は一定の譲歩を強いられた格好だ。一方、国内の消費者にとっては牛肉などの輸入品を安く買えるようになるメリットもある。

 「自動車と部品の関税撤廃が難しいことは最初から分かっていた」。日米貿易協定の交渉を担当する政府関係者は首脳会談が終わると、本音を語った。今回の交渉は、自国第一主義を掲げて市場開放などを迫る米国に対し、日本は防戦を強いられる構図で始まった。

この記事は有料記事です。

残り2647文字(全文2969文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです