メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

貿易交渉 防戦重ねた日本 米、車関税で脅し

日米貿易協定締結で最終合意し、共同声明に署名した安倍晋三首相(左)とトランプ米大統領=米ニューヨークで2019年9月25日、ロイター

 日米貿易協定は今年4月の交渉開始から約5カ月という異例の早さで決着した。日本は米国の農産品に対する関税を環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の水準に引き下げる一方、米国向けの自動車や部品に課される関税の撤廃は先送りされた。来年の米大統領選に向けて成果をアピールしたいトランプ政権に、日本は一定の譲歩を強いられた格好だ。一方、国内の消費者にとっては牛肉などの輸入品を安く買えるようになるメリットもある。

 「自動車と部品の関税撤廃が難しいことは最初から分かっていた」。日米貿易協定の交渉を担当する政府関係…

この記事は有料記事です。

残り2717文字(全文2969文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです