メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新閣僚に聞く

国家公安委員長・武田良太氏

国家公安委員長・武田良太氏=根岸基弘撮影

五輪の治安対策、尽力 国家公安委員長・武田良太(たけだ・りょうた)氏(51)

 現在、ラグビー・ワールドカップが開催され、東京五輪・パラリンピックも1年以内に迫った中で、開催国としての第一の責任は治安対策だ。その責任者になった重い責任をひしひしと感じている。国際テロは、我が国単独で解決できる問題ではない。外国の治安情報機関などと情報を交換しながら、サイバー対策も含め万全を尽くす。

 高齢運転者の交通事故防止対策は、具体的に事故を減らすため(運転免許制度見直しに関するアンケートなど…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです