メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新閣僚に聞く

国家公安委員長・武田良太氏

国家公安委員長・武田良太氏=根岸基弘撮影

 現在、ラグビー・ワールドカップが開催され、東京五輪・パラリンピックも1年以内に迫った中で、開催国としての第一の責任は治安対策だ。その責任者になった重い責任をひしひしと感じている。国際テロは、我が国単独で解決できる問題ではない。外国の治安情報機関などと情報を交換しながら、サイバー対策も含め万全を尽くす。

 高齢運転者の交通事故防止対策は、具体的に事故を減らすため(運転免許制度見直しに関するアンケートなどを通じて)幅広い意見を求めている。対策の一つとして、運転者の運転技術がどの程度の水準なのか、しっかりと確認する体制を整えることが必要だと思う。(運転できる車などを制限する)限定条件付き運転免許の導入も一考に値する。いろいろな意見を総合的に勘案して方向性を定めていきたい。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです