メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新閣僚に聞く

国家公安委員長・武田良太氏

国家公安委員長・武田良太氏=根岸基弘撮影

五輪の治安対策、尽力 国家公安委員長・武田良太(たけだ・りょうた)氏(51)

 現在、ラグビー・ワールドカップが開催され、東京五輪・パラリンピックも1年以内に迫った中で、開催国としての第一の責任は治安対策だ。その責任者になった重い責任をひしひしと感じている。国際テロは、我が国単独で解決できる問題ではない。外国の治安情報機関などと情報を交換しながら、サイバー対策も含め万全を尽くす。

 高齢運転者の交通事故防止対策は、具体的に事故を減らすため(運転免許制度見直しに関するアンケートなど…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです