メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

遺族の子に話す言葉

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 そのときは聞き流していたのに、なぜか心に残っている言葉がある。それはあとになって、何かの拍子に浮かんでくる。つい最近、こんな言葉を思い出した。

 「僕は遺族になった子供たちに、『おとうさん、おかあさんを治せなくてごめんね』って言うことにしているんです」

 地方で在宅緩和医療をしている40代の男性医師と話したのは、今年の夏前だったか。中学生の娘と小学生の息子を持つ母親が末期のがんで亡くなったという話が出た。そんなときの医療者の気持ちをずけずけ聞くと、彼は残された子供の話をしたのだった。詳しく聞くためにメールでやり取りした。

 彼は常々、子供たちに、親の重い病についてもきちんと伝え、手を握るなどの協力をしてくれるよう頼むとい…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. ORICON NEWS アニメ『映画 すみっコぐらし』邦画1位の異色ヒット 不意打ちで大人が「号泣」

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです