メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ疑惑 米政権、隠蔽画策か 電話記録機密扱い

ウクライナのゼレンスキー大統領(左)と会談したトランプ米大統領=ニューヨークで2019年9月25日、ロイター

 トランプ米大統領(共和党)が民主党のバイデン前副大統領と次男を汚職事件で捜査するようウクライナに要求した疑惑で、米下院情報委員会は26日、疑惑発覚の切っかけとなった内部告発者の申立書を公表した。申立書は、トランプ氏が米大統領選に外国政府を介入させようとしているとの情報があると告発。ホワイトハウスの弁護士が記録の隠蔽(いんぺい)を図った疑いも暴露した。【ワシントン古本陽荘、ニューヨーク高本耕太】

 申立書は8月12日付。「大統領が大統領権限を使い2020年米大統領選に外国を介入させようとしている…

この記事は有料記事です。

残り1806文字(全文2055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 板橋区議に「なめてると海に沈められるよ」 恐喝未遂容疑で32歳女を逮捕

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです