メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ファンのないものねだり?=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 あらゆるスポーツが、プロ化し、巨大なビジネスになると、それぞれのスポーツが長い時間をかけて培った独特の文化的な薫りが消え去ってしまう気がする。

 米国のスポーツで最も人気のアメリカンフットボールのトップを決めるスーパーボウルを観戦に行くと、ハーフタイムに大スターのショーがあり、まさにスポーツとイベントが一つになって巨大なビジネスとして成長する典型である。テレビCMの時間に合わせた試合の進行をだれもおかしいとは言わない。スポーツビジネスとして認知されているのである。

 ラグビーのワールドカップが日本で開催され、開会式と、開幕戦の日本対ロシアを見に行った。競技場までの道のりが大混雑し、競技場でも厳しいセキュリティーチェックがあって、客席に着くまでが大変なことは想像を超えていて、来年の東京五輪が思いやられる。それにしても、和太鼓の強烈な響きや、意匠を凝らした鮮やかな照明の下、遠くに小さな姿となった人々がグラウンドを走り回るショーを眺めていると、巨大なスポーツイベン…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN所属事務所、直井由文の不倫報道を謝罪「本人も心から反省」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです