メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第10部 マルハニチロ/8 本業消滅、リストラの嵐

世界で活躍した遠洋漁船の大半が処分された=マルハニチロ提供

 1970年代後半、200カイリ時代の到来で各国沿岸の漁場から閉め出されたマルハニチロ前身の大洋漁業と日魯漁業。次々と遠洋漁業からの撤退を余儀なくされ、社内にはリストラの嵐が吹き荒れた。

 後にマルハニチロホールディングスの社長となる久代(くしろ)敏男(72)が大洋漁業に入社したのは1971年。社員手帳の巻末をびっしりと埋める漁船の一覧を見て、世界最大の漁業会社の一員になったという誇りを感じた。しかし、漁業の縮小に伴い漁船は次々と処分された。「数十億円かけて造った船が売り先がみつからず、ほとんどがスクラップになった」

 久代は7年半の地方勤務を終えて80年に本社に戻り、事業の閉鎖や関連会社の清算に追われた。柱の漁業が…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1116文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 香港理工大、事実上制圧状態に 拘束5000人 米民主化支援法案歓迎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです