メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税増税・その先に

子育て支援、不公平感 待機児童増加の懸念

保育園見学でもらった資料を見ながら、不安を漏らす女性会社員=横浜市都筑区で2019年9月24日、大沢瑞季撮影

 「社会保障を全世代型に転換するための重要な一歩」。消費税増税とともに10月に始まる幼児教育・保育の無償化は、安倍晋三首相が2017年10月の衆院選に際して突如、看板に掲げた政策だった。高等教育の無償化も含めて増収分を財源に充てると明言し、増税は推し進められてきた。恩恵を受けるはずの人たちも、複雑な思いを抱く。

この記事は有料記事です。

残り2570文字(全文2726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです