連載

消費税増税・その先に

10月1日に、消費税率が10%に引き上げられます。政府は税収を社会保障の充実に充てる計画で、増税と同時に幼児教育・保育の無償化も始まります。5年半ぶりの消費税増税が暮らしや景気、社会保障や財政運営に与える影響を探ります。

連載一覧

消費税増税・その先に

子育て支援、不公平感 待機児童増加の懸念

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
保育園見学でもらった資料を見ながら、不安を漏らす女性会社員=横浜市都筑区で2019年9月24日、大沢瑞季撮影
保育園見学でもらった資料を見ながら、不安を漏らす女性会社員=横浜市都筑区で2019年9月24日、大沢瑞季撮影

 「社会保障を全世代型に転換するための重要な一歩」。消費税増税とともに10月に始まる幼児教育・保育の無償化は、安倍晋三首相が2017年10月の衆院選に際して突如、看板に掲げた政策だった。高等教育の無償化も含めて増収分を財源に充てると明言し、増税は推し進められてきた。恩恵を受けるはずの人たちも、複雑な思いを抱く。

この記事は有料記事です。

残り2570文字(全文2726文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集