メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

後藤恭子さん=国会で「福島」の店を出す原発事故避難者

後藤恭子さん=尾中香尚里撮影

後藤恭子(ごとう・きょうこ)さん(76)

 東京電力福島第1原発事故で被災し、西東京市に避難した人々でつくる「みちのく・まほろば会」の会長。4月から国会議事堂に直結した参院1階の展示即売場で、会員が手作りした会津木綿のストールなどの小物を、福島の農産物とともに月10日間販売する。

 あの日は母親が入院する病院を訪ねていた。突然の大揺れ。天に届くかのような津波。やがて「西へ逃げろ!」の声とともに、訳も分からず逃げた。途中、用意されたバスにお年寄りを乗せる東電社員の姿を見て、初めて原発の異変を知った。

 曲折を経て半年後、弟の紹介で見知らぬ西東京へ。「明日こそ帰りたい」。望郷の念だけが募った。ある日、…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  4. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

  5. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです