メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 楽天7-1西武 直球軸に楽天・由規、復活の一歩

 投打のかみ合った楽天が快勝。一回、辰己の適時打と浅村の自己最多となる33号2ランで3点を先取すると、四回にも足立の2号ソロで加点した。先発・則本昂は力強い直球を軸に5回1安打無失点で5勝目。西武は打線のつながりを欠いた。

覚悟示した13球

 覚悟が13球に詰まっていた。九回、楽天・由規がマウンドへ。戦力外、育成契約を経て、シーズン最終戦に481日ぶりの1軍の舞台に帰ってきた。

 「原点に返って、気持ちで行った」と由規。先頭の西武の代打・愛斗に対し、初球は代名詞の直球。この球は…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 住まいの貧困に取り組む元厚労事務次官の村木厚子さん 拘置所体験から見えた「根っこ」とは

  5. ORICON NEWS のん、片渕須直監督の“脅し”に戦々恐々「気合い入れてね、と…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです