メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号 着陸制限、提案断る 成田空港会社、国交省に

 台風15号の影響で交通機関が止まり、成田空港(千葉県成田市)で到着客ら最大1万6900人が空港内に足止めされた問題を巡り、成田国際空港会社(NAA)が国土交通省から着陸制限を提案されながら、要請していなかったことが明らかになった。NAAの田村明比古社長は26日の定例記者会見で「結果として混雑を生じさせてしまった。今後、改善策を講じたい」と述べた。

 成田空港は台風が通過した9日早朝から滑走路を閉鎖した。NAAによると、運用を再開した9日昼ごろに国交省から、空港の航空機の駐機場(スポット)が不足する事態であれば着陸制限の措置を取ると打診されたが、スポットの運用に特段の問題はなかったため、国交省に着陸制限を要請しなかった。9日午後6時ごろになってNAAは空港内の混雑緩和のため、国交省にダイバート(着陸地変更)を相談したが、最寄りの羽田空港の着陸…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです