メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学受験NOW 学部・学科、新設や再編加速 長崎大に情報データ科学部/西南学院大は外国語学部

文学部を改組し、外国語学部を新設する西南学院大

 最後の大学入試センター試験が行われる来春の入試では、九州・山口地区に何か変化はあるのだろうか。新設学部・学科の動向も含め探ってみた。【中根正義】

 ここ数年、九州・山口地区の受験関係者の間では、九州大が話題を独占していた。伊都キャンパス(福岡市西区)への移転や、同大としては半世紀ぶりの新学部、共創学部の開設(2018年)などがあったからだ。だが、それも一段落し、来春の入試では、長崎大と西南学院大の学部新設が注目されている。

 長崎大にできる情報データ科学部は、高度情報化社会が進展する中で求められる、データサイエンスやインフォメーションサイエンスに精通した人材の育成を目指して設立された。1年次ではプログラミング、コンピューター科学などを共通科目で学び、2年次以降、情報技術の実践系科目である情報セキュリティーやIoT、統計学系のAI、医療・生命情報、社会・観光などの科目を選択し、専門性を深めていく。九州・山口地区では、情…

この記事は有料記事です。

残り4480文字(全文4893文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです