メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第1原発 処理水放出、海か大気 東電、処分案提示へ

 東京電力は福島第1原発内のタンクの処理水について、政府の有識者小委員会で検討中の処分方法のうち、薄めて海に流す「海洋放出」と、気体にして大気中に放つ「水蒸気放出」の二つの方法を27日の小委に提示する考えを明らかにした。風評被害を抑える議論のテーマにしてもらうため。

 東電が小委に具体的な方法を示すのは初めて。福島県外での海洋放出には否定的な見解を示した。

 東電によると海洋放出の場合、処理水に残るトリチウムを含めた放射性物質の濃度を国の基準値まで下げる処理や第三者の分析など六つの段階を踏むとした。水蒸気放出の場合も、同様に五つの段階を経て放出するとしている。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです