メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおか探索

国鉄筑肥線廃止で福岡市が整備 梅光園緑道30年、地域のオアシスに 線路跡を公園やイベントに活用

国鉄筑肥線跡を活用した梅光園緑道。手前のポール付近はかつて踏切だった

 1983年に廃止された国鉄筑肥線の跡地を活用して整備された福岡市中央区の「梅光園(ばいこうえん)緑道」。線路の跡だけあり、全長約1キロの細長い形が特徴だ。89年10月に都市計画決定して一部が開園し、今年で30年を迎えた。緑豊かで四季折々の植物を楽しめる道は通勤通学や散歩のほか、最近では健康づくりやイベントにも活用されている。秋の気配が近づく緑道を歩いた。【平川昌範】

 平日の昼下がり。ムクゲが開花し、ツクツクボウシが鳴く緑道を手をつないで歩くのは近くの会社員、上野智…

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 八戸きりつけ 住民「静かな住宅街でなぜ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです