メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ、スバルに追加出資へ 関係より強化 持ち分法適用会社に

トヨタ自動車本社=愛知県豊田市本町で、本社ヘリから兵藤公治撮影

 トヨタ自動車は27日、資本業務提携を結んでいるSUBARU(スバル)に追加出資する方針を固めた。出資比率を現在の約16・8%から20%以上に引き上げ、持ち分法適用会社とする。関係をより強化して自動運転などの次世代技術の共同開発に取り組み、米IT大手などを含む世界的な競争に対応する狙いがある。

 持ち分法適用会社にすることで、スバルの…

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文310文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. センチュリーなど1000万円超高級車、12県が所有 山口は2000万円現行モデル

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです