トヨタ、スバルに追加出資へ 関係より強化 持ち分法適用会社に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トヨタ自動車本社=愛知県豊田市本町で、本社ヘリから兵藤公治撮影
トヨタ自動車本社=愛知県豊田市本町で、本社ヘリから兵藤公治撮影

 トヨタ自動車は27日、資本業務提携を結んでいるSUBARU(スバル)に追加出資する方針を固めた。出資比率を現在の約16・8%から20%以上に引き上げ、持ち分法適用会社とする。関係をより強化して自動運転などの次世代技術の共同開発に取り組み、米IT大手などを含む世界的な競争に対応する狙いがある。

 持ち分法適用会社にすることで、スバルの…

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文310文字)

あわせて読みたい

注目の特集