メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西電力、不信呼ぶ還流の闇 「原発マネー」3.2億円受領

 関西電力の経営トップを含む幹部らが、原発立地自治体の関係者から金品提供を受けていた。電力会社と地元とを行き来する不透明な「原発マネー」が明るみに出たことで、東京電力福島第1原発事故以降強まる電力会社不信に拍車がかかるのは必至だ。今後の原発政策運営の難しさも増しそうだ。

 中元、歳暮、就任祝い、スーツ仕立券……。こうした名目で、高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(今年3月、90歳で死亡)から関西電力の役員ら20人に金品が流れていた。森山氏は工事受注手数料約3億円を地元業者から受け取っており、結果的に原発工事を巡るカネが地元業者から関電に「還流」していた形。高額の金品供与がなぜ行われたか、疑念の声が高まっている。

 関電の岩根茂樹社長は27日の記者会見で、自身が受領した物品は「就任祝い」だったと明らかにする一方、物品が何か、他に受領した役員は誰か、については言及を避けた。森山氏に地域対策上の協力を依頼していたため「関係悪化を恐れ、いったん預かった。他の役員から高額かもとアドバイスされ金庫で保管していた」という。発注した原発工事の資金が還流した認識があったかとの質問には「そのような認識はない。発注プロセスは適…

この記事は有料記事です。

残り1806文字(全文2322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. 中学生の胸を触った疑い ジャンプ連載「アクタージュ」自称原作者を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです