メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税ポイント解説

増える税収5.6兆円 使い道は?

 消費税率10%への引き上げで増える税収は、幼児教育・保育の無償化のほか、大学や短大、専門学校、高専の授業料減免などに充てられる。高齢者向けが中心だった社会保障を子育て世代も含む「全世代型」に転換することで、政府は増税に理解を得たい考えだ。

 税率2%の引き上げで見込まれる増収分は約5・6兆円。このうち▽約1・7兆円を幼保無償化などの少子化対策▽約1・1兆円を低所得高齢者の暮らしを支援する社会保障の充実▽残る約2・8兆円を赤字国債の発行抑制など将来世代の負担軽減――に充てる。

 幼保無償化は10月から、全世帯の3~5歳児、住民税非課税世帯の0~2歳児を対象にスタートする。増収分は待機児童の解消、保育士の給与アップにも使われる予定だ。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです