メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「東海道は57次」 終点は大坂説を披露 静岡・三島で28日に交流会

東海道57次交流会について説明する志田威館長。手前は会場で展示する「東海道五拾三次絵巻」=静岡県三島市役所で、石川宏撮影

 東海道や宿場の歴史的役割を正しく伝え、東海道の魅力を発信しようと、東海道町民生活歴史館(静岡市清水区蒲原)が、28日に静岡県三島市一番町の三島市民文化会館で「東海道57次交流会」を開く。東海道は終点が京都までの53次と一般的に認知されているが、交流会では終点が大坂(現大阪)で57次だったとする説が披露される。

 蒲原、名古屋での開催に続き今回で3回目。歴史館の志田威(たけし)館長によると、東海道は当初は京都までで宿場は約40だったが、徳川家光時代の1624(寛永元)年に東海道が完成した時は大坂までの57次になった。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです