メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「東海道は57次」 終点は大坂説を披露 静岡・三島で28日に交流会

東海道57次交流会について説明する志田威館長。手前は会場で展示する「東海道五拾三次絵巻」=静岡県三島市役所で、石川宏撮影

 東海道や宿場の歴史的役割を正しく伝え、東海道の魅力を発信しようと、東海道町民生活歴史館(静岡市清水区蒲原)が、28日に静岡県三島市一番町の三島市民文化会館で「東海道57次交流会」を開く。東海道は終点が京都までの53次と一般的に認知されているが、交流会では終点が大坂(現大阪)で57次だったとする説が披露される。

 蒲原、名古屋での開催に続き今回で3回目。歴史館の志田威(たけし)館長によると、東海道は当初は京都ま…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです