メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

引き揚げ語り継ぐ島の博物館 「博多港の負の側面にも関心を」

能古博物館の開館30周年記念誌「博多湾物語」を手にする副館長の西牟田耕治さん=福岡市西区で、飯田憲撮影

 太平洋戦争後、福岡市の博多港は約139万人が大陸から帰国した引き揚げ港だった。戦争がもたらした過酷な記憶を、当時引き揚げ船が行き交った博多湾に浮かぶ小さな島の私設博物館が語り継いでいる。開館30周年の今年、博物館は記念誌「博多湾物語」を発刊し「商業や観光の面ばかりでなく、博多港の負の側面にも関心を持ってほしい」としている。

 博多湾物語を発刊したのは、能古島(同市西区)にある能古博物館。元々は福岡藩の儒学者、亀井南冥(17…

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1108文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです