連載

鳥飼さん

犬や猫と比べるとペットとしてはややマイナーな鳥。でも「思った以上に賢くてかわいい」と、その魅力にメロメロになる飼い主=「鳥飼(とりかい)さん」がジワジワと増えています。そんな愛鳥家の日常や鳥にまつわるエピソードを映像でお届けします。

連載一覧

鳥飼さん

(8)正しい知識で“伴侶”の事故防ごう

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 今田久美子さん(53) パート従業員(東京都八王子市)

 鳥と飼い主って、フラットな「横の関係」にあるんです。犬なんかは主・従という「縦の関係」がはっきりしていると思いますが、鳥は“伴侶”や“仲間”という感覚。人間も鳥も含めて、この家のメンバー全員が一つの「群れ」なんです。今年で12歳になったセキセイインコのしろ(オス)は5歳まで1羽飼いで「王子様」として育ったので、どうやら自分のことを鳥だと思っていません(笑い)。

 しろは小さいころから体が弱く、食滞(えさが胃に下りていかない症状)を起こして入院したり、金属中毒で生死の間をさまよったり、骨折したり……。私が嘆いていたら、かかりつけの鳥専門医が「体の弱い鳥の方が、飼い主が気を付けるから長生きするよ」と言ってくれて、救われました。そしたら本当に12歳まで生きてくれたので驚いています。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文570文字)

あわせて読みたい

注目の特集