メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国籍の子「就学不明」2万1701人 文科省初調査 日本語教育「無支援」は1万1008人

ボランティアによる日本語教室で学ぶフィリピンからきた3きょうだい=埼玉県越谷市で2019年3月19日午前10時31分、奥山はるな撮影

 文部科学省は27日、日本に住民登録し、小中学校の就学年齢にある外国籍の子どもの2割弱にあたる2万1701人が、学校に通っているかどうか分からない「就学不明」になっていると発表した。今年5~6月に実施した初の全国調査で明らかになった。また、小中高生などを対象に2年に1度調査している、日本語教育が必要なのに学校で指導が受けられない「無支援状態」の人数も1万1008人に達し、外国籍の子どもに対する教育体制が十分でない現状が浮き彫りになった。

 調査は全国の1741市区町村を対象に実施。今年5月1日時点で住民基本台帳に記載されている就学年齢の外国籍の子ども12万4049人の就学状況と、2018年5月1日時点の自治体の日本語教育の状況を公表した。

この記事は有料記事です。

残り1245文字(全文1567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  2. ORICON NEWS 竹内結子、第2子出産後初の公の場 息子の成長に感慨

  3. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  4. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです