麻袋石綿訴訟が和解 遺族に5720万円支払い 麻袋再生工場では初 大阪地裁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=イメージ
=イメージ

 アスベスト(石綿)の原料が入っていた麻袋をリサイクルする堺市の工場で1940~70年代に働き、健康被害を受けて亡くなった従業員4人の遺族らが国に損害賠償を求めた訴訟は27日、大阪地裁(倉地真寿美裁判長)で全員の和解が成立した。請求通り、国が計5720万円を支払う。弁護団によると、麻袋再生工場での石綿疾患を巡る和解は全国で初めて。

 この日と7月24日に、2人ずつが国と和解した。訴状などによると、堺市内にあった3工場で働いていた4人は、麻袋に付いた石綿を落として包装材などに加工する作業に従事。中皮腫や石綿肺を発症し、2013年までに亡くなった。

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文498文字)

あわせて読みたい

注目の特集