メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

取り残される外国籍の子 国「自治体把握を」自治体「手が回らない」

日本語指導員の阿久津さん(右)とひらがなの勉強をするパキスタンから来た男児=新潟県新発田市で2019年5月15日午前9時16分、堀智行撮影

 文部科学省が27日に公表した外国籍の子どもの就学状況に関する調査では、住民基本台帳に登録され、小中学校の就学年齢にある外国籍の子ども12万4049人のうち2万1701人が、学校に通っているか確認できない「就学不明」と判明した。また、日本語教育が必要なのに学校で指導を受けられていない子どもも、1万1008人に上った。入国管理法の改正で、新たな労働力の担い手として外国人の受け入れが拡大される一方、教育への支援は乏しく、多くの子どもたちが日本の社会から取り残されている。【奥山はるな、堀智行】

この記事は有料記事です。

残り2442文字(全文2688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです