メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「70歳まで雇用」環境整備へ議論 厚労省労政審部会

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省の労働政策審議会部会は27日、希望者が70歳まで働ける環境整備に向けた制度見直しの本格的な議論に入った。来年の通常国会で、雇用期間の引き上げを柱にした高年齢者雇用安定法改正案の提出を目指す。

 企業は現在①定年の廃止②定年の引き上げ③定年後の継続雇用――のいずれかで希望者全員を65歳まで雇…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  2. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性化を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  5. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです