メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島に新たな被爆者組織 被爆2世が会長「核廃絶、運動を途絶えさせない」

前身の「坂町原爆被害者の会」が建てた追悼碑の前に立つ池田節男さん=広島県坂町北新地1で2019年9月10日午後3時11分、小山美砂撮影

 高齢化により全国で被爆者団体の解散が相次ぐなか、広島市に隣接する広島県坂町に29日、被爆者や2世、支援者による新たな組織「坂町原爆被害者友の会」が発足する。昨年解散した地元の被爆者団体の活動を継承することが目的で、会長に就く被爆2世の池田節男さん(70)=同町=は「核兵器廃絶に向けた運動を途絶えさせない」と意気込む。

 坂町には原爆投下後、広島市の宇品港などから負傷した被爆者らが運び込まれた。町内の学校が救護所となり、住民らが手当てに当たったため、残留放射能により2次的に被爆した人が多いという。1950年代に、被爆者による「坂町原爆被害者の会」が発足し、広島原爆が投下された8月6日には毎年慰霊祭を営んできた。

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 新型コロナ 新たに10人が感染 確保の155床に115人入院 /滋賀

  5. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです