メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

処理水処分法 タンク増設を検討 東電は「放出」説明 政府有識者小委 

東京電力福島第1原発の敷地内に林立する貯蔵タンク=本社ヘリから藤井達也撮影

 東京電力福島第1原発の汚染処理水の処分方法を検討する政府の有識者小委員会が27日開かれ、処理水を保管する敷地内のタンクの増設を検討することを決めた。また東電から希釈して海に流す「海洋放出」と、気体にして大気中に放つ「水蒸気放出」の説明があり、放出による風評被害対策について委員から「復興も考慮して考えるべきだ」などとの指摘があ…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  5. WHO、新型肺炎の世界的流行を認定 危険性評価「非常に高い」へ引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです