メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝えたい東京へ

テレビで見た開会式、逆上がりの練習とセットで思い出に 東京都大田区、内田恵子さん(66)

東京五輪開会式の各国選手入場で最後に入場した日本選手団=東京・国立競技場で1964年10月10日

 東京五輪が開かれた1964年、私は小学5年生でした。実家が三重県松阪市内で旅館を営んでおり、商売柄、テレビを置いていたみたいです。当時は希少価値があったようで、同級生でも大きくなるまでテレビがなかったお宅もあったようです。

 開会式当日(10月10日)は本当に日本晴れで、両親やおばあちゃん、旅館の従業員の皆さんも一緒にテレビで見ました。入場行進では各国選手の衣装がカラフルですてきでした。もちろん、日本選手団を楽しみに待っていたのですが、いつまでたっても出てこない。待ちくたびれてしまい、私は転げるように外に出て行きました。

 通っていた小学校は自宅から50メートルぐらいの距離にあり、校庭の鉄棒で逆上がりの練習を始めました。クラスの中で逆上がりができない子が3、4人いました。私もその一人。焦りがあって、練習したのでしょう。その間、近くの家々から開会式の放送が聞こえていました。どの家からも聞こえてくるので、音響効果でこだましているような感じ。アナウンサーのテンションもすごく、興奮状態のようだったと記憶しています。

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです