メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪チケット抽選 不正ID3万件 6900枚購入発覚

ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア=東京都新宿区で、曽根田和久撮影

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は27日、五輪チケットの第1次抽選販売で、虚偽の個人情報に基づいてIDが不正に約3万件取得され、うち約1200件で当選して約6900枚が購入されたと発表した。購入額は総額1億8000万円相当で、海外の犯罪グループによる転売目的の可能性が高いとみて警視庁に報告した。

 1次販売は5月9~29日に申し込みを受け付けた。事前にメールアドレスや住所、氏名などを入力し…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 宮藤官九郎さん新型コロナ感染 「まさか自分が、と過信してしまい…」

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  5. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです